どうやって「いきいき社員」になるの?

いきいき社員の育て方

社員を「いきいき社員」に育てるには、明確な基準をもった人事制度を構築することがポイントになります。

具体的には以下のような人事制度の構築が必要になります。

 

社員が育つ人事制度

最近では能力給が否定され、成果給がもてはやされている時代です。

成果給が本当に長期的にも効果を発揮するのであれば、完全成果給方式のタクシードライバーは全てすばらしい社員になっているはずです。

しかし、現実には必ずしも、そうとは言い切れませんよね。

このことからも、人事制度を構築する際には、単に成果だけで評価する制度にするのではなく、「社員が育つ制度」にすることの重要性を認識しなくてはならないといえます。

 

能力に基づく資格等級制度

真の社員の能力を資格等級として格付けすることは、その社員の能力を会社が認め、その等級に見合う貢献を期待していることを意味します。

能力に基づく資格等級制度を構築するためには、「どのような能力が必要なのか」また「どのような能力を身につけることを期待しているのか」を社員に対して明確にする必要があります。

 

会社方針に即した行動・成果の評価

成果だけを評価するのではなく、社員の能力もあわせて評価することは、社員に対して「望ましい社員像」はどういったものなのかを明確にすることから始まります。

この「望まれる社員像」は会社方針に沿った行動をする社員、成果を実現している社員の行動を示したものでなければなりません。

社員に対して「コンピテンシー(成果を生む望ましい行動特性)」と呼ばれる行動規範を示す必要があります。

 

会社の利益に応じた昇給額の決定

社員の評価が良ければ、どんどん給与を上げるべきでしょうか?

いくら評価が良くても、会社に支払う能力がなければ給与は上がらないこともあります。

要は会社の経営状態から判断して昇給額を決定しなければなりません。

いくら給与が上がっても、会社が倒産してしまっては、元も子もありません。

経営計画に基づいて人件費総額を管理することが重要なのです。

 

誰でも評価できる「絶対評価」の評価制度

出来るだけ評価項目は分かりやすく、かつ測定可能な評価項目とすることが重要です。

責任感、積極性といった抽象的な評価項目のみではなく、何をすれば責任感が強いのか、何をすれば積極性があることとなるのか、などを「絶対評価」で評価します。

いきいき社員とは

当事務所の人事制度の「いきいき社員」とは、こんな方々です。

いきいき社員のなり方

「いきいき社員」になるための、人事制度のプロセスをご紹介します。

いきいき社員になるメリット

社員みんなが「いきいき社員」になったら、こんな組織になります!